2018年10月03日

ウガンダビジネスセミナーに参加して来ました

2018年9月25日15:00〜17:00国連大学本部ビル1階で国際連合工業開発機構東京事務所(UNIDO)とウガンダ大使館の共催で開催され、私にとっては初めてのアフリカの国のビジネスセミナーです。
雨の中、約100名程の参加で駐日ウガンダ共和国大使館特命全権大使ベティ・グレース・アケチーオクロさんの開会挨拶に続いてウガンダ投資庁上級投資促進官ホープ・ワイラ氏の「ウガンダのビジネス環境と機会」、UNIDOのタデッセ・ダディ・セグニ氏「UNIDOによる日本企業支援」、在ウガンダ日本国大使館の高田健太郎氏のプレゼンテーション、潟tァー・イーストの佐々木敏行社長のウガンダでのドライフルーツ事業のサクセスストーリーを拝聴、最後に閉会の挨拶がUNIDO東京事務所所長の安永裕幸氏の話があり、その後はアフリカで二番目の生産量を誇るコーヒーと潟tァー・イースト社のドライフルーツで交流会が催された。

1.jpg
セミナー会場の風景1.
          
2.jpg
セミナー会場の風景2.

潟tァー・イーストの佐々木社長の話では地元住民や従業員との、お互いの信頼関係を築くだけでも7年近くかかった、との事で利益を出すまでには更に長時間のご苦労と高額な投資が有って初めてビジネスとして成立する事が良く判り、単に収益目的での進出での成功は不可能に近い事を感じ佐々木社長の話には感銘を受けました。進出する相手の国を愛し、国民・住民を愛し、そのためには何が出来るか?と言うボランティア精神に近い、強い信念を持って、まさに「命がけ」と言う言葉が脳裏を過った2時間であった。

                                (ロミー)
posted by 株式会社アサノ不燃 at 12:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: