2017年07月21日

川崎市木材利用促進フォーラムの総会に参加をしてきました。

このフォーラムは平成27年10月からスタートを切りました。
3年目でいよいよフォーラムの意義と具体性が求められます。
福田市長も木材の活用に力強い挨拶を頂きました。
川崎での事例の発表、それに都市での木材活用(新国立競技場)の説明も頂きました。
残念ながら川崎市ではまだまだ大規模木造建築の実例がありません。
副会長の腰原先生からは懇親会の乾杯のごあいさつを、川崎市の都市の街並みが木造建築で景観がなる為に会員各機関各社のさらなる努力を厳しく、また夢のあるお言葉で頂きました。

このフォーラムは地方の森林を都市で活用する事も大きな目的です。
宮崎県に加えて浜松市を始め秋田県や山北町に開成町も今年度からオブザーバーとして参画されました。

都市の木造化には防耐火の技術は欠かせません。
アサノ不燃も会員としてさらなる努力をして行きます。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

byM
posted by 株式会社アサノ不燃 at 13:50| Comment(0) | 日記

掲載情報

監 修: 「川崎市木材利用促進フォーラム」
編集・発行: 川崎市まちづくり局総務部企画課
       一般財団法人 川崎市まちづくり公社
による「木材関連事業者(サプライヤー)一覧」が
発行され弊社が掲載されました。
弊社はページ01&02の2ページに渡って掲載されています。

ご興味のある方は川崎市木材利用促進フォーラムのホームページ
からダウンロードができますのでぜひご覧ください。
http://www.city.kawasaki.jp/500/cmsfiles/contents/0000079/79345/sapuraiya-itiran.pdf

アサノ不燃.jpgjpgアサノ不燃1.jpg

(ロミー)
posted by 株式会社アサノ不燃 at 11:30| Comment(0) | 日記

2017年07月07日

Sustainable Brands2017デトロイト報告セミナー

昨日(7月4日)に東銀座の博展セミナールームにて
Sustainable Brands2017デトロイト報告セミナー
「今、“グッドライフの再定義”への挑戦が始まる」
と題して駒沢大学経営学部の青木茂樹教授、サステナブル・
ブランド(以下SBとする)国際会議東京、総合プロヂューサー
の森摂氏、富士通CSR担当の金光氏の3名が講演され、
後半は3名によるパネルディスカッションが行われた。

破綻した町デトロイトの再生の動きが報告され、従来の
“Good Life”の意味はアメリカンドリームをお手本にして
いたが世界的な広がりには無理が有るので新しい方向性として、
金・物の追及から人とのつながりや健康、コミュニケーション、
安心安全が求められる“Good Life”への転換がスピード感を
持って進められている現象は欧米や日本でも見られる。

弊社の“不燃化技術”もリサイクル可能で“より安心安全な素材”
としてSBの条件に該当するばかりか国連のSustainable Development Goals
に定められた17項目の内の多くにも該当しますので日本発の不燃文化を
世界に発信して行きますのでご期待下さい。

Good Life.jpg
posted by 株式会社アサノ不燃 at 10:32| Comment(0) | 日記